ぱんみみワークアウト

ボディメイクはじめました

初投稿 いい身体になりたい

ご挨拶

こんばんは。ぱんみみといいます。

このブログはトレーニング、ワークアウト、食事、健康、そんなテーマで書いていこうと思います。
とは言っても専門的な知識があるわけでもなく、ただの「いい身体になりたい一般人」です。

そんな私の簡単なプロフィール。

  • 20代後半 女性 会社員
  • 一人暮らし
  • 体を動かすのは好きだけどスポーツ全般ド下手
  • 学生時代は文化部一筋
  • 仕事はほぼデスクワーク、最近は在宅勤務も多い
  • 食事は基本自炊、週末のランチは外食・中食も多い
  • BMI20くらいなのに体脂肪率28%くらいのいわゆる隠れ肥満ぎみ

一番下が筋トレや運動を始めたいちばんの理由です。
子どもの頃は外で遊ぶのが苦手で家でお絵かきとかしながら育ったので、
運動習慣も特になく、常にぽっちゃり体型。
体育の授業は「関心・意欲・態度」でなんとか3は維持したものの、実技はC安定でした。

ダイエット歴

22歳くらいのときに一念発起してダイエットを始めました。
方法は食事制限メイン+ランニング。
10ヶ月で8kgくらい減量し、周りからも「痩せた?」と聞かれることがよくありました。

ですが、朝食を抜いた直後に風邪をひいたり、
食べること自体に罪悪感を覚えるようになって食事を楽しめなかったり、
魔がさしてお菓子に手をつけた日には自分を罰するようにランニングに飛び出したりしていました。

体重は減ったけど、下腹は出てるし、脚はむっちり。
上から痩せるタイプらしく、デコルテは骨っぽいのに、ふくらはぎはパンパン。

幸いリバウンドもほとんどなく、BMIは20前後で落ち着いていますが、
上述のダイエットの経験から、「重要なのは体重ではない」と痛感しました。
食事を無理に我慢して、楽しくないのに走って、精神的にも結構辛かったです。
身体に良いはずがありません。

食事制限・有酸素運動から筋トレへ

ここ数年は「内容は考えつつも量はそれなりに食べる」という食生活を維持し、
運動も必要だなと思ってジムに通っていました。
ただ、やはり「軽いのに太い」状態から抜け出せず…。
そんな中耳にするようになったのが「ボディメイク」という言葉。
体重よりも見た目を重視し、ただ細いだけでなく健康的で引き締まった体を目指すこと、といったところです。

いろいろ調べると、やはり私と同じように「BMIは高くない(むしろ低め)だけど、脂肪が多い」という体型に悩む人は多いよう。
そういう人は過去に間違ったダイエットをした結果、筋肉が落ちていることがよくあるらしいです(グサッ)。
だから、しっかりご飯を食べて、筋トレして、筋肉をある程度つけたほうがいい身体になれるのです。
つまり私に足りないのは筋肉。
一応ジムで筋トレもしてたけど、有酸素運動前の単なる作業になっていてちゃんと鍛えられていなかったかも。
そこで「有酸素運動で脂肪を落とす」よりも「筋トレで筋肉をつける」ことに重きを置くことにしました。
食事も以前よりしっかり食べています。でもまだ怖くてご飯とか控えめにしたくなる…。

おわりに

そんなわけで、ここには健康やトレーニングをテーマにいろいろと書いていきたいと思います。
再度になりますが、知識はネットから拾っているだけの全くの素人ですので、
記載の情報はあまり真に受けずさら~っと読んでいただけますと幸いです。

さて、今回はこのへんで。